レガス 四谷スポーツアカデミー 会員規約

 
 
 新宿区内では東京2020大会に向けて多くの気運醸成事業が開催されました。
夢多き子どもたちはオリンピアンや元日本代表アスリートと触れ合い、話を聞くことによって、スポーツの楽しさ、からだを動かすことの重要さ、目標を持つことの大切さ、チームワークで生まれる思いやりの気持ちの尊さ等、かけがえのない時間を数多く体験することができました。新宿区民のスポーツへの関心も確実に高まりました。
このような貴重な場を一過性で終わらせるのではなく、東京2020のレガシーとして引き続き継続させていくことにより、一人でも多くの区民が改めて〖スポーツのすばらしさ、スポーツを通じて広がる人とのつながり、心身両面にわたる健康保持増進の場〗を自らが体験できることが可能になります。そのような「スポーツの力」をレガス 四谷スポーツアカデミーは発信していきます。
 
 (基本定義)
1条  レガス 四谷スポーツアカデミー会員規約(以下、「本規約」という。)は、レガス 四谷スポーツアカデミー(以下、「本アカデミー」という。)の運営及び諸活動を円滑に行うために、運営方法、諸手続き及び会員の入会、利用等に関し適用されるものとします。
2 入会を希望する方及び会員は本規約に同意したものとみなします。
 
 (目的)
2条  本アカデミーは、オリンピアン&元日本代表アスリートとの交流によって、スポーツの素晴らしさを体験し、夢や希望を持つことの大切さ・人と友人とのつながりの大切さ・あきらめない心を育み、スポーツを継続する気持ちの育成、健康推進&増進の発展拠点として、遊び感覚で楽しみながら身体を動かす動機作りを目指し、活動を行います。
 
 (名称及び所在地)
3条  本アカデミーは、FOOTフットボールアカデミー四谷校、T-FIVEバレーボールアカデミー四谷校、GLEAM新体操&ダンスアカデミー四谷校で構成します。
2  レガス 四谷スポーツアカデミー運営事務局(以下、運営事務局という。)は、株式会社ザ・ファースト内(東京都新宿区須賀町4番地80)に置きます。会員への事務連絡対応は株式会社ザ・ファースト青山事務所(東京都港区南青山2-18-2竹中ツインビル1階 TEL03-3796-3755)にて行います。
3  各アカデミーの運営は、東京都新宿区四谷1-6-4の新宿区立四谷スポーツスクエア(以下、四谷スクエアという。)で開催します。
 
 (理念)
4条  本アカデミーは、多様なスポーツ活動を通して子どもの体力・基礎運動能力の向上に取り組むとともに、団体行動の中での規律性・積極性・協調性といった心(人格)の育成を育み、子どもが自らの夢を実現できる人間力の形成を目指します。
2  理念達成に向けては、「体力の向上」、「基礎運動能力の向上」、「心(人格)の育成」を目指し、継続的な参加を前提とするプログラムの提供を基本とします。
 
 (主催者等)
5条  主催者等については、次のとおりとする。
 (1) 主 催     公益財団法人新宿未来創造財団
 (2) 企画運営   レガス 四谷スポーツアカデミー運営事務局
 (3) 後 援     一般社団法人新宿区体育協会、新宿区サッカー協会、新宿区バレーボール連盟、新宿区ダンススポーツ連盟、新宿区スポーツ推進委員協議会、
NPO法人新宿区レクリエーション協会、新宿区青少年団体連合会
 (4) 運 営     株式会社FOOT、一般社団法人T-FIVE VOLLEYBALLアカデミー、
GLEAM新体操&ダンスアカデミー
5) 運営協力   エフ・プロジェクト㈱
 (6) 運営事務局  レガス 四谷スポーツアカデミー運営事務局 ㈱ザ・ファースト内
 
 (開催内容)
6条 開催内容については、次のとおりとします。
 (1) 月曜日開催のフットボールアカデミー
フットボールを通じて自主性や協調性なども育成し、子どもたちの心の成長を応援するサッカー元日本代表の北澤豪氏監修のFOOTフットボールアカデミーです。
月曜日、四谷スクエア多目的ホールにて第3区分、第4区分に開催します。
 (2) 火曜日開催のバレーボールアカデミー
    子どもたちがバレーボールの楽しさを感じてもらいながら、チームワークの大切さを学び人間
形成の育成を図ります。北京オリンピック男子バレーボール代表の山本隆弘氏監修のT-FIVEバレーボールアカデミーです。火曜日、四谷スクエア多目的ホールにて第3区分、第4区分に開催します。
 (3) 金曜日開催の新体操&ダンスアカデミー
     ロンドンオリンピック新体操代表のサイード横田仁奈氏監修のGLEAMスポーツアカデミーです。
   ①新体操に必要なからだの動かし方についてもコンテンポラリーダンスを通じて指導をしてい
きます。楽しくからだを動かしながら表現力やリズム感を身につけていきます。
金曜日、四谷スクエア多目的ホールにて第3区分、第4区分に開催します。
   ② 幅広いジャンルのダンスやリズムトレーニングを通じて楽しくからだを動かしながら表現力やリズム感を身につけていきます。ダンスの指導は、若手注目ダンサーのSu-Yang氏、黒坂建太氏です。金曜日、四谷スクエア会議室Nにて第3区分、第4区分に開催します。
 
 (入会・参加資格)
7条  本アカデミーに入会する資格を有する方は、本アカデミーの理念を理解し、本規約に同意の上、入会を希望する方とします。
2 次の事項に該当する方は、入会することができません。
(1) 医師等から運動することを禁じられている、または制限されている方。
(2) 入会希望者が親権者の同意がない未成年の方。
(3) 他の会員に迷惑をかける恐れがある等、会員として好ましくないと運営事務局が判断した方。
3 各アカデミーの参加対象は別に定めるものとします。
 
 (登録期間)
8条  登録期間は4月1日(入会した日)より翌年の3月31日までとします。
2  登録期間は本アカデミーが引き続き継続される場合、翌年の1月以降、希望により継続更新することができるものとします。
継続更新の希望者は新規入会希望者より優先するものとします。
 
 (入会手続)
9条 入会希望者は、別に定める入会申込書により必要な情報を虚偽なく申請するものとします。
2 入会希望者が未成年の場合、親権者は本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとします。
3 月会費は別に定める各アカデミー所定の金額とします。
 
 (登録料・月会費)
10条  登録料は各アカデミーが別に定める金額とし、一旦支払われた登録料はいかなる場合においても返還はいたしません。
2 登録料は各年度の入会時のみに徴収します。
支払い方法は現金または銀行振り込みで支払うものとします。
3 登録料と月会費は前払制とし、会員は各アカデミーが定めた登録料を入会月の前月末日までに翌月分の月会費と一緒に納入しなければなりません。 
例) 4月入会の場合は3月末日までに登録料+4月分月会費
4 登録料と月会費の支払いは、運営事務局の指定する銀行口座に登録料と月会費1か月分を
三菱UFJ銀行 四谷支店 普通 0479459 レガス四谷スポーツアカデミー運営事務局 
にお振込みいただきます。(現金支払い可)
5 各アカデミーの運営上必要と判断した場合または経済情勢等の変動に応じて、会員種類の改廃もしくは月会費等の金額を変更することができ、通知において告示するものとします。
6 兄弟・姉妹・兄妹・姉弟等が一緒に入会される場合は運営事務局にご相談ください。
 
 (入会者の決定)
11条  入会申込書の提出、登録料、月会費1か月分の支払いが完了した時点で入会希望者は、会員となります。
2 入会希望者多数の場合は、運営事務局による抽選で各アカデミーの入会者を決定し、会員となります。抽選に漏れた方はキャンセル待ちとなります。
 
 (会員登録)
12条  入会者は以下の内容を運営事務局に登録するものとします。
 (1) 住所、氏名、年齢、連絡先等、運営事務局が定める所定の内容
 (2) 既往歴や障害の有無、性格や身体的特徴など(自己申告)
   ※入会手続きの際の備考欄等にご記入いただくか運営事務局スタッフまでお申し出ください。
 (3) その他、運営事務局より要請のある内容
2  入会手続等により登録された個人情報は、運営事務局の個人情報保護規定・規則・プライバシーポリシーに基づき、厳正に管理いたします。
 
 (登録情報の変更)
13条  会員は第9条において登録した情報等に変更があった場合は、速やかに運営事務局へ変更の届け出を行うものとします。
 
 (会員・入会者の義務)
14条  会員は、本アカデミーの円滑な運営に協力するものとします。
2  他の会員、講師及び運営スタッフ等に対する迷惑行為、本アカデミー内での無断での広告配布や物品販売、勧誘等の行為、本アカデミー設備備品の故意による破損行為等、本アカデミーの運営に支障をきたす行為が会員に認められた場合、主催者は当該会員の退場処分ないし除名処分とすることができます。また、本アカデミーの運営に支障をきたす行為により主催者等に損害が生じた場合、会員は当該損害を賠償する責任を負うものとします。
3 会員が登録料・月会費を滞納した場合、運営事務局は当該会員を除名処分とすることができます。
4 各アカデミーにおいて、大会への出場・対外試合・イベント・発表会等への参加に関しては、内容により別途ユニフォームやTシャツ等の制作・参加費・用具の購入・特別レッスン料が発生する場合があります。
 
 (休会)
15条  休会を希望する場合は、休会希望の前月末日までに運営事務局へ届け出を行うものとします。ただし、医師の診断書等により怪我や病気による療養が1カ月以上必要と運営事務局が認める場合は、期限を希望(療養)月の前月末日までとします。
2  月の途中で休会する場合は、当該月の月会費は返還できないものとします。
3  休会は、1カ月単位(1日~末日)とし、運営事務局が特に認める場合を除いては、原則として登録期間内3カ月までとします。
4  前項を超える場合は通常の月会費を支払う、または退会していただきます。
 
 (退会)
16条  退会する場合は、退会希望の前月末日までに、運営事務局へ届け出を行うものとします。
2 利用回数の有無にかかわらず、書面にて退会手続きを完了した退会月迄は月会費の支払いが必要となります。
3 月の途中で退会する場合は、当該月の月会費は返還できないものとします。
4 退会後に再入会される場合は、再度、登録料及び月会費を支払うものとします。
 
 (除名)
17条  会員が次の事項に該当すると認められた場合、運営事務局は当該会員を除名処分にすることができます。
 (1) 本規約その他本アカデミーの諸規則に違反する行為が認められた場合
 (2) 度重なる無断欠席が認められた場合
 (3) 本アカデミーの名誉・信用を傷つける行為があった場合
2  除名された会員は、その時点で会員資格を喪失します。
3  除名に際し、既にお支払いいただいた登録料、月会費は返金いたしません。
 
 (不可抗力による休校・閉鎖)
18条  天変地異(地震、台風、大雨、暴風、大雪、火山噴火等天候による東京都内への災害、気象警報発令) 警報発令に伴う交通機関の遅延等が東京都内に発令された場合、疾病(新型コロナウイルス感染症を含む)、戦争、暴動、内乱、テロ行為、労働争議法廷・規則の改正、政府発出、東京都発出、新宿区発出等による緊急事態宣言発令、会場使用時間短縮等、 その他の不可抗力(以下不可抗力という。)により本アカデミー運営を継続することが困難となる事由が生じた時は、本アカデミーを休校もしくは一定期間閉鎖する場合がございます。その際には全会員に年間開催スケジュール内での振替及び休校期間、閉鎖期間における月会費等に関して運営事務局より連絡をいたします。
2 第181以外にやむを得ない事情が発生した場合も、定められた練習日、時間等を変更または中止することがあります。その場合も運営事務局より事前に通知をいたします。
 
 (体験会参加)
19条  体験参加を希望する場合は、運営事務局へ事前に届け出を行うものとします。
2  体験参加は定員に空きがある各アカデミーにおいて、年度内1回まで参加できるものとします。
 
 (保険)
20条 会員は、保険(傷害保険)に加入しておりますので、万が一、怪我等をされた場合は速やかに必ず運営事務局までご連絡ください。
 [傷害保険] 本アカデミー開催中における急激かつ偶然な外来の事故によって身体に被った傷害
に対し、保険が適用されます。
  ※被保険者による故意又は重大な過失による場合、生活や業務に支障のない範囲で回復した後の通院費などは、保険金が支払われないこともありますので、ご不明な点は運営事務局までお問い合わせください。本アカデミーの保険は、東京海上日動火災保険㈱が対応いたします。
 
 (免責事項)
21条 本アカデミー内外を問わず、会員に生じた私物の盗難・紛失・怪我、会員同士のトラブル(保護者同士のトラブルも含みます。)及びその他事故について、運営事務局等は一切責任を負いかねます。
 
 (個人情報の取扱い)
22条 本アカデミーでは、関係法令を遵守し、運営事務局の個人情報保護規程・規則・プライバシーポリシーに基づき、厳正に管理いたします。
 
 (規約の改正)
23条  運営事務局は、会員の事前承認を得ることなく本規約を必要に応じて改定できるものとします。なお、規約改定後運営事務局は速やかにホームページ等により会員に連絡するものとします。
 
 (細則)
24条  本規約に定めない事項及び運営上必要な細則は別に定めるものとする。
 
 (施行)
25条  本規約は令和3年3日1日より施行いたします。